全日本トライアル選手権 第4戦北海道大会

久々のレーシングブログです。

7月11日の夜半に出発して翌12日朝9時すぎにようやく新潟港フェリーターミナル到着!!

DSC_01131.jpg

わっさむサーキットに到着してテント設営完了!!

左側のテントが「YSP京葉レーシング」ゼッケン30のテントです。

DSC_0130.jpg

早速! 練習開始!!

DSC_0132.jpg

 IB ゼッケン30 佐藤和人選手 5位入賞しました!!

 

DSC_0139.jpg 

 IAS ゼッケン3 野崎選手 3位入賞!!

これで「YSP京葉レーシング」の両選手が入賞しました!!

 

DSC_0142.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年全日本トライアル第1戦関東大会

2012年全日本トライアル第1戦 関東大会

■開催日:2012年3月11日
■開催地:真壁トライアルランド(茨城県)
■観客:2500人 ■気温:10度 ■天候:曇り時々晴れ
■競技:10セクション×2ラップ+2スペシャルセクション
■持ち時間:4時間30分+30分

DSC_5210.jpg

第2スペシャルセクション 野崎選手

DSC_5176.jpg

第1スペシャルセクション 滝口選手

DSC_5255.jpg

*写真提供 トライアルジャーナリスト 藤田秀二

本年第1戦は昨年東日本大震災の為、急遽中止になった真壁トライアルランドにて開催されました。

本年の「YSP京葉レーシング」の体制は、昨年国際A級クラスで年間ランキング3位となり昇格基準を満たしてIASに昇格した滝口 輝選手とベテラン野崎 史高選手の2枚看板で参戦致します。

本年の滝口選手は、昨年のエントリー車のスコルパからヤマハ車でエントリーとなり、ヤマハとして11年振りのIASクラスに3名(黒山、野崎、滝口)体制での参戦となります。

結果は、野崎選手4位、滝口選手9位となりまあまあのスタートとなりました。

特に滝口選手に関しては、最上位クラスのIAS初挑戦のわりには難易度の高いセクションに果敢にトライして、IASクラスニューカマーとしては堂々の戦い振りを発揮して、先輩の斉藤選手を負かし9位をゲット、幸先の良いスタートが切れました。

野崎選手に関しては1ラップ、2ラップとホンダの小川選手、ベータの小川毅志選手と三つ巴の接戦を続けたが2回のエンストが祟り結果3点差で表彰台を逃す結果となりました。

今回の真壁大会は前年度の震災により大会前日の金曜日に中止となり、2年ぶりの開催となり選手は昨年分までの真壁大会を満喫しておりました。

 

2010全日本トライアル選手権シリーズ第6戦中部大会

今大会はヤマハチーム、それと当YSP京葉チームにとっても大事な戦いとなっています。

ヤマハチームにとっては黒山選手のランキング1位

京葉チームとしては、野崎選手のランキング3位の確定。西元選手と滝口選手に関してはランキングの一桁

順位を少しでも上位にと云う思いがつのる大会ですが、通常セクション終了時点では黒山、野崎とも順

調に終わって黒山選手1位、野崎選手3位と来たのですがスペシャルセクションの第一でまさかの黒山、

野崎ともに減点5点を取り結果、黒山選手3位野崎選手4位の結果となりなおかつランキングも小川

友幸選手が1位となり最終戦で黒山選手が1位を取らないとトップにはなれない事となってしまった。

また野崎選手も6戦終了後で渋谷選手と同点3位となっており最終戦で渋谷選手に勝てないとラン

キングを4位に落とす事となります。

西元選手に関しては現在ランキング10位ですが宮崎選手との差が2ポイントですので逆転可能な位置

ですので一桁ゼッケンを目指し最終戦気合を入れて走ってもらいます。

IAクラスの滝口選手はシーズン開幕時に追突事故にあいむち打ち症になり体調を崩し練習も出来ず

前半を終了してしまい、後半戦に期待したのだが思う様な結果が出ずランキングを前年より落として

いたがやっと第6戦の中部大会で表彰台をゲット6位入賞を果たしやっとランキングも11位と上がり

最終戦では得意なスゴウ大会ですので(昨年は3位入賞)必ずランキングを一桁に戻す事を期待して

最終戦に望む事とします。

野崎R6.jpg
西元R6.jpg
滝口R6.jpg

2010 全日本トライアル選手権 第3戦 近畿大会

5月23日(日)兵庫県、猪名川サーキット

今回、3選手共に不本意な成績で残念です。

野崎選手、4位。ランキングでも4位になってしましました。

西本選手、12位。ランキング11位。

滝口選手、18位。ランキング18位。                                           
DSC_0119.jpg
DSC_0148.jpg
DSC_0135.jpg

2010年全日本トライアル選手権 第2戦 九州大会

4月11日(日)熊本県小田浦和田山タナカ森林農場

今までの九州大会は鹿児島での開催でしたが、今回は熊本での開催となりました。

今回の大会は皆苦戦をしいられる大会になり。

野崎選手、西本選手、滝口選手共に良い結果が残せずに残念でした。

野崎選手、1ラップ目6位、2ラップ目3位と挽回しましたが3ラップ目4位となりました。

西本選手、1ラップ目から3ラップ目まで11位調子が取り戻せずに終わってしまい残念です。

滝口選手、1ラップ目と2ラップ目13位、3ラップ目に10位となりました。

DSC_0052.jpg
DSC_0057.jpg
DSC_0038.jpg

2010年全日本トライアル選手権 第1戦 関東大会

2010年3月14日 全日本トライアル選手権 第1戦 関東大会(茨城県真壁)

国際A級 スーパークラス

ゼッケン③ 野崎選手

1ラップ目の第8セクションまではトップでしたが、第9セクションで3点を取り黒山選手にトップを渡してしまいました。2ラップ目第4セクションで4点、この時点で3位の小川選手に明け渡しましたが、第9セクション終了では2位に。最後のSSでは、得意なはずのセクションで5点、2点と減点が続き結果3位になりました。

ゼッケン⑩ 西本選手

1ラップ目、5点が5セクション、クリーン無しと不調。2ラップ目、5点が4セクション、クリーンが3。SSは両セクションとも5点。結果、8位になりました。

国際A級

ゼッケン⑨ 滝口選手

レース2週間前に追突事故に遭い、レース中にムチ打ちの後遺症に苦しみながらのレースになりましたが15位と言う成績になりました。

2010年3選手共これからの活躍に期待してください!
DSC_0033_1.jpg
DSC_0035_1.jpg
DSC_0104.jpg

YSP京葉 春のツーリング!!

YSP京葉 春のツーリングを4月18日(日)に行います!!

只今、参加者を募集中です!

高速道路を通行できるバイクであれば車種を問いません。

(出来ればETCが付いているバイクであれば)

(YSP京葉では、ETC車載器の在庫がありますので今からでも間に合いますよ!)

ルートは、平井ICから首都高速に上がり常磐道を経由して袋田の滝へ行きます。

お問い合わせは、YSP京葉(川上)まで!!

2009全日本トライアル選手権シリーズ第7戦東北大会

10月25日 全日本トライアル選手権第7戦 最終戦 宮城県、スポーツランドSUGO

IAS 野崎選手                                                          1ラップ目第5セクションまで黒山選手と並び第6セクションで黒山選手が2点、この時点で野崎選手はトップになりましたが第7セクションで野崎選手は惜しくも5点この時で3点の差。2ラップ目は、5点を2回後は全てクリーンしましたが黒山選手は1点のみでその差12点。3ラップ目は、1点が一つと5点が一つの6点。トータルでは17点の差が付き結果2位になりましたが1位になった黒山選手は4点誰も追いつけない点差でした。野崎選手の2009年総合ランキングは3位になりました。                              

野崎.jpg                IAS 西元選手                                                     1ラップ目が調子がでず36点、2ラップ目以降調子を戻し2ラップ目22点、3ラップ目29点と1ラップ目以外はそれ程悪い成績ではなかったのですが1ラップ目の減点の多さが最終的に順位を落とす結果となってしまい8位の成績に終わりました。西元選手の2009年総合ランキングは10位になりました。

西本.jpg         IA 滝口選手                                                       1ラップ目終了時点では1位、2ラップ目、3ラップ目が4位となり結果4位となりましたが3位の選手との差は1点でしたので今回は悔しい4位でした。来年のレースが楽しみです!

滝口.jpg         このSOGOラウンドにて2009年のレースも終わり皆様からの応援の結果野崎選手は3位、西元選手は10位、という成績で終わりましたが又来年も応援宜しくお願いします!!

写真提供:藤田秀二

2009全日本トライアル選手権シリーズ第6戦 中部大会

10月11日 愛知県、キョウセイドライバーランド 全日本トライアル選手権シリーズ第6戦

CIMG1797.JPG
CIMG1794.JPG          

IAS 野崎選手                                                                1ラップ目から調子に乗れず4位、2ラップ目も調子が戻らず最終的に4位に留まりました。

 

IAS西元選手                                                            1ラップ目は減点5が多いなかでも8位、2ラップ目にはに5点減点が多く最下位の11位で終わ

りました。

 

IA滝口選手                                                       1ラップ目は22点とそこそこの順位、2ラップ目は好調になり13点減点でトータル11位に

なりました。

CIMG1826.JPG
CIMG1821.JPG
CIMG1805.JPG         
 

各選手共に次回の最終戦は今まで以上に気合を入れて頑張りますので皆さん応援よろしくたのみます!!

「手作りトライアルinニューグリーンピア津南」開催!!

一年振りのお知らせです。

早いもので「ワンハーフディトライアルin津南」が終了して一年たちました。

そこで今年は規模を縮小して手作りのトライアルを開催いたします。

方法は、土曜日にグループごとでセクションを作ってもらい、土曜日の夜は例のごとく全員でパーティーで盛り上がり日曜日に大会を行います。

大会日時:2009年11月7日(土)~11月8日(日)

締め切り:2009年10月31日(土)の消印まで有効です。

参加要項:参加希望者はグループで申し込みをして下さい。

       (お店単位、チィーム単位、個人の集合体等で構いません。)

      各グループは土曜日のセクション設営用にノコギリ、カマ、刈ばらい機等を持参ください。

      グループ事に1~2セクションを作成し、合計10セクション作ります。

      2ラップないし3ラップで競技を行います。

      尚、どうしても仲間のいない方は当方でグループ分け致します。

参加費:¥5,000-

宿泊費:¥10,100-(コース使用料、入湯料含む)一泊二食付き(現地に直接申し込み)

注:参加者全員でのコース作りが参加条件になりますので、日曜だけの参加は出来ません。

申込方法:各グループ代表又は個人が参加氏名を記入して参加費を事務局に書留にて送付して下       さい。

      尚、出場車輌は、トライアル車、トレール車どちらでも構いません。

      トレール車に関しては必ずトライアルタイヤ装着が条件となります。

      保安部品は必要ありません。

保険加入に関して:保険加入は、主催者は行いませんので各人の責任で加入して下さい。

            今大会はあくまでも、皆んなで集まって練習会の延長で腕を競う大会です。

★参加費の¥5,000-は賞品代及び事務局運営費として使わせて頂きます。

★採点方法は、相互採点とします。

★お問い合わせ先、申し込み先

〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-14-14

 YSP京葉 内 「手作りトライアルinニューグリーンピア津南」事務局 宛

担当:大月

携帯:090-3138-2366(午前10時~午後8時)

電話 03-3656-5485  FAX 03-3656-5491